あなたが知りたいこと

とっても気になる事

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピルバーグ監督の社会派ドラマ「シカゴ7裁判」が製作延期?

kitsonでも人気!カリンズ・ガーデンレザーフラワーグリーン
1968年8月にイリノイ州シカゴで行われた民主党全国大会でベトナム反戦デモを行い、逮捕、起訴された7人、“シカゴ7”をめぐる裁判を描くスティーブン・スピルバーグ監督の新作「The Trial of the Chicago 7(シカゴ7裁判)」の製作が延期される可能性が出てきた。

この報道は、米映画情報サイトCollider.comが、スピルバーグ監督が同企画を投げ出した、と伝えたことに端を発したもので、米LAウィークリー紙「Deadline Hollywood Daily」と米エンターテインメント・ウィークリー誌「Hollywood Insider」という業界コラムが、それを裏付ける記事を書いているのだ。

その原因は、米TVシリーズ「ザ・ホワイトハウス」の脚本家で、ブラックコメディ「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」(5月17日公開)を手がけたアーロン・ソーキンによる台本が準備できなかったことだそうだ。同作を4月にクランクインすると、6月に予定されている米映画俳優組合(SAG)ストライキの影響を受け、スピルバーグ監督が集めたキャストが台無しになると懸念されているのだ。企画をボツにはせず、スピルバーグ監督は脚本家ソーキンとともに台本を完成させたい意向だが、ドリームワークスの製作陣(ウォルター・パークスとローリー・マクドナルド夫妻)は、6月にもSAGがストに突入、同作が中断されることを見越して、このままのキャストとクルーで続行するのは危険だと判断したようだ。

LAウィークリー紙の記事によると、サシャ・バロン・コーエン(「ボラット」)が“シカゴ7”の1人のアビー・ホフマンを、ウィル・スミスがブラック・パンサー党の活動家ボビー・シールを演じ、残りの“シカゴ・セブン”はコストダウンのため無名俳優を起用することになると伝えている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


逃亡者(初回生産限定)


◆ドラマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ドラマ関連の無料のレポート情報
(GIFT版 再配布OK)必ず出来るUSP表現の呪文!2007-4版

☆USPはお客さまと自分自身とのUFPです。

Ultra Faithful Promise = 非常に誠実な約束

/////

「USP経営T.M.」を提唱する、
プロUSP経営マネージャーが
ご自分の経営に真摯なあな…

そしてあなたも飛べる豚になる ~私が20Kg軽くなった理由~

1年前の今頃
身長162cmなのに97Kgという
自分でもあきれてしまう体格だったのです。

健康診断では保険の対象となる
要治療のお墨付きをもらった肥満だったのです。

朝着替えようとすると
Yワイシャツのボタンが弾け飛び…

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://leventsz.blog31.fc2.com/tb.php/466-3ed25c4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

全てがお得なお買い物!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。