あなたが知りたいこと

とっても気になる事

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「目で心を読む」富司純子のセリフなき演技“明日への遺言”

マルチチャンネルインテグレートアンプ【AVアンプ】 SONY マルチチャンネルインテグレートアン...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080301-00000002-sanspo-ent
 3月1日公開の映画「明日(あした)への遺言」(小泉堯史監督)のインタビュー企画第3弾は、岡田資中将(藤田まこと)の妻・温子を演じた女優、富司純子(62)。第二次世界大戦でB級戦犯となり、不屈の精神で法廷の戦いに臨んだ夫を見守る。せりふなしで喜怒哀楽を表現する難役だった。

 温子は、法廷で戦う夫を傍聴席から見守り続ける役どころ。原作となった大岡昇平氏の小説「ながい旅」、そして故・黒澤明監督に師事した小泉監督が、15年かけて練り上げた台本を読み、心惹かれて出演を快諾した。

 「台詞のない難しい役だと思いましたが、いい台本でしたから。それにスタッフも黒澤さんの息のかかった方ばかり。小泉さんの作品は全部見させていただき、お引き受けしました」

 岡田中将の息子、陽(あきら)さん宅を訪ねて母の話を聞き、中将の遺著「毒箭(どくせん)」を読み、人物像を膨らませた。

 「教養と、凛とした毅然さがある。悲しみはお腹の中に入れ、常に慈しみの微笑みで夫を安心させる。実際なかなかできないことです」

 撮影は、法廷のセットでカメラ3台を同時に回す特殊な手法で行われた。「目で相手の心を思う、読む。そして緊張感の持続。途切れさせないよう気をつけていましたね」と、苦心のほどを明かした。

 夫婦間以外にも、様々な人間関係の絆が描かれている。「家族や部下へとの愛など、全てを包容した穏やかな愛です。そんな優しさを感じ取っていただけたら...

ニュースの続きを読む


マルチチャンネルインテグレートアンプ【AVアンプ】 SONY マルチチャンネルインテグレートアン...


◆映画関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆映画関連の無料のレポート情報
ママさんに大人気!!体の中からスッキリ!最新エクササイズ法とは?

このレポートでは、今ママさんの間で絶大な人気を誇るエクササイズ法について詳しく説明しています。
この方法で美しい体型を保っている芸能人や有名人が多数いらっしゃいます。

この方法は・・・
●家でテレビを見ながら気軽にできる
●女性…

mixiに参加している芸能人

mixi(ミクシィ)に参加している芸能人の方を暴露しちゃいますO(≧∇≦)O イエイ!!あんな人やこんな人が実はmixiに参加してたんですねw(°o°)w おおっ!!今、話題のリア・ディ○ンもmixiに参加していますよ(」゜ロ゜)」 ナント…

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://leventsz.blog31.fc2.com/tb.php/468-1417625c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

全てがお得なお買い物!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。