あなたが知りたいこと

とっても気になる事

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民族日報事件のチョ・ヨンス氏、47年ぶりに無罪判決

エリザベスアーデン(Elizabeth Arden)【スプレンダー(30ml)EDP/SP】定価¥4,725 80%OFF
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080116-00000019-yonh-kr
【ソウル16日聯合】1960年代初めに北朝鮮の活動に同調した疑いをかけられ軍事政権により死刑に処された民族日報社長のチョ・ヨンス氏が、47年ぶりに無罪を言い渡された。ソウル中央地裁は16日、「民族日報事件」で逮捕され特殊犯罪処罰に関する特別法容疑で死刑宣告された趙氏に対する再審公判で、趙氏と、この事件にかかわり懲役5年を宣告された人物を無罪とした。
 1961年に制定された特殊犯罪処罰に関する特別法は、政党・社会団体の主要幹部の地位にある者が、反国家団体の利益となると知りながらも団体や構成員の活動をたたえたり励ましたり、同調する場合には、死刑や無期または10年以上の懲役に処するという条項がある。

 裁判部は「社会団体というのは一定な組織体系を持ち、実質的に活動しながら社会に影響力を及ぼすなどの一定の条件があり、営利法人は収益を目的とするという点で社会団体に含まれない。民族日報は収益創出を目的に活動していたため、社会団体に該当しない」と判断した。また、公訴事実が被告人の趙氏を社会大衆党の主要幹部としていることに対しては、当時の政党とは公報処に登録し政治活動をする集団のことで、1960年に結成された同党の結成準備委員会は登録されていないため政党とみなすことはできず、趙氏も公認のために準備委に名を連ねていただけとの見解を示した。準備委から後に4つに分かれた政党に趙氏が参加した証拠も無いとした。裁判部はさらに、一般人が反国家団体の活動に同調する行為に対する処罰規定は無く、後に制定された反共法でも被告人を処罰できないと述べた...

ニュースの続きを読む


カラージルコニアリング【リスティア】


◆女優関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆女優関連の無料のレポート情報
ブレイブストーリー。舞台演劇方式の仕事スキルアップ方法

映画「ブレイブストーリー」の主人公の声優役の松たか子さん。
彼女はなぜ、あのすばらしい演技力を身に付けたのか?

私は
「いかに仕事を速くするか」
「いかに自分のスキルを高めるか」
といったことをずっと研究しています。

そ…

速報!12月20日発表Google2006検索ワードランキング

★けいいち式★速報!2006年度Google検索ワードランキング

2006年12月20日に発表されたGoogle検索ワード
ランキングの結果をどこよりも早く公開します。

2007年度の展望という観点からも
見逃せないHOTキ…

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://leventsz.blog31.fc2.com/tb.php/49-5c38ba50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

全てがお得なお買い物!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。